strut staff

Author:strut staff
STRUT OFFICIAL BLOG

CALENDAR

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

月別アーカイブ

風が吹けば桶屋が儲かる?

 


Photo


 



DTM (ドイツ ツーリングカー選手権) が好きで以前乗っていた「OPEL・カリブラ」残念な事にオペルは日本市場から撤退してしまいました。



"黄昏" 感じる日本のモーターショー、いよいよ海外のショーにでも行かないと....なんて事になるんですかねぇ?



となると....



「中国・上海モーターショーツアー2泊3日 〜本場中華料理も満喫!〜」



「神秘の国インドで味わう本格カレー! ニューデリーモーターショーの旅」



なんて題した旅行会社だけは皮算用!?



 



by '65GT

早っ!part1

 


Always_52jpg_3


 


『東京スカイツリー』が3ヶ月でこんなに成長してました!



この近くの通りは都心への近道としていつも使っているのですが、完成後は混雑しそうで....お越しの際は必ず!?電車かバイクをご利用下さい!!



 



by '65GT

ウルルンな家

 


99_2


 


昨今、何かと話題の多い中国ですが、近代化が恐ろしいスピードで進み都市部は "味気無い何処にでもある景色" に変わりつつ有ります。



画像は以前行った中国 ・河西省にある知人社長の実家です。



まるでウルルン滞在記的家!



ジャッキー・チェンが出てきそうでした。



 



by '65GT

その昔

 


Photo_2

 


Photo_3

上がアメリカで、横の画像は、まだ仙台にドラックコースが完成して間もない '95年か'96年に、NHRA・PRO  STOCK BIKEライダー  " ジョン メイヤー" が来日した時のものです。



その時、食事をご一緒したのですが、物静かで礼儀正しく "迫力ある走り” とのギャップ?を感じる人でした。



残念な事にこの数年後、バイク事故で亡くなってしまいました。



 


RRCという団体が運営していた頃は、NHRAに参戦するライダーやドライバーも来日してマシンを走らせていました。



当時、アメリカで走っている様な本格的なマシンはまだ少なく、本場アメリカの "ドラックレース" の技術・迫力・テイストが伝わり "ゼロヨン" から意識が変わり始めた時期でした。



レースというよりイベント的要素が強く、富士や日本各地で開催されていたレースには観客も多く来場し、ショウビジネスとしても成立して将来が楽しみなマーケットでもありました。



昨今は、当時に比べるとドラックレースに参加される人口自体は多くなっている様ですが、残念な事にショウビジネスとしては成立していない様です。



ヤッパリ日本人には  "アメリカンフットボール的" なんですかねぇ?



Key_3

 


by '65GT

サーキットの狼

 


1

Img_0378Img_0380

1


 



"スーパーカーブーム世代" にはグッとくる響きです!



「40周年記念オールカラー復刻版」うう・・うれしい〜!



モーターマガジン社の営業さんが持ってきてくれました。



 



by GT-R

| TOP | NEXT >>